認定NPO法人大分県学生交流等協力支援協会

私たち協会は

  首都圏の大学・専門学校に進学した

    大分県出身学生を対象にして

  大分創生 新時代に相応しい

       「学生交流総合施設」の

     設立を目指しています。

 首都圏の大学・専門学校に進学した大分県出身学生は、夢と希望にあふれる一方、一人暮らしの寂しさや将来への進路の悩み等を抱え、コミュニケーション不足の不安な生活になりがちです。私たち協会は、異なる大学・学部の学生がともに交わり、“同じ郷土・先輩、後輩” の絆で互いに切磋琢磨して成長し “友情と郷土愛” を育むことができる「交流拠点(学生交流総合施設)づくり」を目指しています。

  

   故郷の親元を離れて生活する大学生時代は、人間としても成長する貴重な精神的成熟期です。この時期に、大分県や日本への深い理解」を育ませ、“郷土愛”を醸成させることによって、卒業後大分県に戻ったり、中央・世界に羽ばたいたりして活躍する「グローバルリーダー」を育て、将来にわたって郷土の発展に貢献してくれる有為な人材育成を支援します。 

  

   「学生交流総合施設」には大分県内の企業採用情報、奨学金・留学制度、観光・文化等 大分県に関する様々な情報を備え、首都圏における「大分」のサテライト・情報発信拠点となることを目指します。現在深刻な人手不足に陥っている県内企業にとって、ここで会社説明会を開いたりすれば Uターン就職の効果も期待できるのではないでしょうか。

  

   九州では大分県だけが東京に公設の「学生寮」を持っていません。大分から遠く離れ生活費も高い首都圏の大学に進学し、経済的支援が必要な学生のために「学生寮」を併設すれば、寮外で暮らす友人らも「交流総合施設」に集いやすくなり "郷土愛” 醸成効果は一層高まります。現に旧大分県東京学生寮卒寮生の半数強は大分に戻ってきており そのUターン効果は明白です。


 現在私たち協会は、大分県出身在京学生等を対象にして「大分学生フォーラム in 東京」(著名人の講演会や就活相談会等)を東京都内で定期的に開催しています。この「学生交流総合施設」で同様のフォーラムを定期的に開催していくことができれば、地方創生時代に相応しい特色ある “全国唯一”  の「学生交流拠点」が実現します。


  東京にいても、ふるさと大分とつながることのできる

           場所があります。


 寮生活や交流の場で方言を心置きなく使うことによって、友達と早く良い関係ができ、精神的にも落ち着きができる。精神的成熟期の学生にとってそれは成長の大きな原動力になるのではないでしょうか。大分人同士の交流や寝食を共にする生活によって、今 若者に足りないといわれる互いの “意思疎通力” や “コミュニケーション能力” が付くことになり “潜在能力を生かす動機づけ” や “問題解決力” を身に付ける等の育成効果は大きく膨らみます。


「交流の場」には “郷土愛と友情” によって、 “大分人” の深い人脈・ネットワークが生まれ、社会に出てからも繋がりは深く、将来的にも大分県の発展に貢献してくれることが期待できるのではないでしょうか。


 首都圏での大規模災害の際、大分県出身学生等の避難施設になることも可能であり、首都圏の大学等に送り出した保護者にとっても安心感につながります。

 

   喫緊の課題である人口流出歯止め策  "地方創生戦略”  で大切なことは、 県外に進学した学生にとって「地域(大分)と常に係っていること」と言われます。 

 特に遠く離れた東京にこそ、このような “郷土愛” が醸成される場所が必要ではないでしょうか。


以上の観点から東京での大分県出身学生の「交流総合施設」の必要性をご理解いただき、私たちの活動にご賛同いただきますようお願い申し上げます。

FaceBookページも開設しています。どうぞご覧ください。